カテゴリー「ウズベキスタン(2012年以降)」の205件の記事

2017年11月27日 (月)

ウズベキスタンの超変革

大統領が変わって約1年。
最近のウズベキスタンさんは、なんとなく協調性も出てきたようで、よく「雰囲気が変わったね」と人から言われるようになった。

ウズベキスタン、孤立主義転換 中央アジア諸国結束へ - 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2369592020112017FF1000/

中央アジア・ウズベキスタンが孤立路線を敷いたカリモフ前大統領の死を受け、外交を大きく転換させている。周辺国と関係を強化し、地域協力を主導する動きも見せる。最大の人口を抱える同国の転換により中央アジア諸国が結束するようになれば、地域で影響力を拡大する中国やロシアとの力関係も変わる可能性がある。

20171127a

新大統領の1年、変化への淡い希望 - Human Rights Watch
https://www.hrw.org/ja/news/2017/10/26/310732

これらの動きは、ミルジヨーエフ大統領が前任者の無慈悲な負の遺産を打ち破る希望を示す一方で、依然として権威主義的なウズベキスタンの政治体制が意味のある形で改革され、拷問のまん延や政治囚の投獄、綿畑での強制労働などの重大な人権侵害を解決できるかはまだ予断を許さない。

ただ一方で、国民をコントロールできなくなっていて、このままの状況だとウズベキスタンの人たちがアメリカに出入り禁止となってしまうおそれもある。

ウズベクからの入国規制も=NYテロ容疑者の出身国-米報道官 - 時事通信
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017110200461

サンダース米大統領報道官は1日の記者会見で、ニューヨークで車突入テロを起こした容疑者の出身国ウズベキスタンについて、米入国規制の対象とする可能性を「排除しない」と述べた。

これは早いところ、なんとかしたほうがいいんじゃないですか。

20171127b

中央アジア各国 テロ対策強化の共同声明 - NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171112/k10011220631000.html

中央アジア各国などが地域の安全保障について話し合う国際会議がウズベキスタンで開かれ、中央アジアに隣接するアフガニスタンで治安の悪化に歯止めがかからない中、国境管理をはじめとしたテロ対策を強化するなどとした共同声明を採択しました。
また、アメリカ・ニューヨークで、先月起きたテロ事件で、ウズベキスタン出身の男が訴追されるなど、中央アジア出身者が関与したテロ事件が世界中で相次いでいるとして、若者が過激思想に染まらないよう教育を徹底することも盛り込んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月30日 (土)

ウズベキスタン経済の混乱

ウズベキスタンの新しい大統領は、経済オンチだった前大統領と異なり、さまざまな経済改革を推し進めている。
基本的には良い傾向だと思うものの、それがあまりに急なため、最近のウズベキスタン経済はかなりカオス状態になっている。

20170930b

今月は、通貨スムの為替レート(公定)を一晩で2倍に切り下げて闇両替を撤廃したり、こんな規制を設けたりした。

ウズベキスタン、あらゆる商品やサービスの外貨での現金払い禁止 - トラベルメディア「Traicy(トライシー)」
https://www.traicy.com/20170912-uzbekistan

20170930a

他の国ならもっと大混乱になるかもしれない経済政策だけど、ウズベキスタンさんの場合は、それがあるべき姿というか、単に当たり前の状態に戻しているだけなので、実は日本人にとってはあまり影響が無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

もうどうにも止まらない (5万スム札)

(この記事は、後日更新します)

20170815b


≪ ロシア語が読める人は、こちら ≫

50-тысячные купюры выходят в обращение с 22 августа – Gazeta.uz
https://www.gazeta.uz/ru/2017/08/14/50000/

о выпуске в обращение денежных знаков Центрального банка Республики Узбекистан достоинством 50000 сум - ウズベキスタン共和国中央銀行
http://cbu.uz/ru/press-tsentr/press-relizy/2017/08/92578/

20170815c


≪ ウズベク語のほうが得意だという人は、こちら ≫

Oʻzbekistonda 22-avgustdan 50 ming soʻmlik kupyuralar muomalaga chiqariladi - Daryo
https://daryo.uz/2017/08/14/ozbekistonda-22-avgustdan-50-ming-somlik-kupyuralar-muomalaga-chiqariladi/

22 августдан 50 минг сўмлик банкнот муомалага чиқарилади – Gazeta.uz
https://www.gazeta.uz/uz/2017/08/14/50-ming-sum/

Қиймати 50000 сўм бўлган банкнот кўринишидаги янги пул белгилари муомалага чиқарилади - UzReport
https://uzreport.news/economy/-iymati-50000-sum-bulgan-banknot-kurinishidagi-yangi-pul-belgilari-muomalaga-chi-ariladi

20170815a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月28日 (金)

あんた、生きてたの!?

久しぶりに、ウズベキスタンさんから驚きのニュースが届いております。

前大統領長女を拘束=派手な活動、過去に注目-ウズベク - 時事通信
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017072801326&g=int

中央アジアのウズベキスタンの検察当局は28日、カリモフ前大統領の長女で、脱税などの罪に問われていたグリナラ・カリモワ被告(45)が拘束下にあると発表した。

外国大使を務めたほか、デザイナーや歌手など派手な活動で注目を集めた被告は一時、前大統領の後継者と目されていたが、この数年は公の場から姿を消していた。

何に驚いたかと言えば…
てっきり、とっくに暗殺(毒殺)されたと思っていたので、まだ生きていたこと自体にびっくりしました。

Fund Forum.uz

検察当局は「(被告が関わる)犯罪組織は12カ国に13億ドル(約1450億円)超の資産を所有していた」と説明。当局はマネーロンダリング(資金洗浄)などの疑いで被告への捜査を続けている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

大学の噴水 (旧ソ連圏の卒業式は超エロい)

配属先だった大学は、水道代が払えなくてトイレが使えなかったというのに、ある事がきっかけとなって、今では校庭に立派な噴水ができている。 (ここは元は丸い花壇があった所)

大学の校庭の噴水(昼)

旧ソ連圏の卒業式といえば、こういう楽しい風習がある。

女子学生が噴水に飛び込んだりしている、ロシアの卒業式の風景
http://gigazine.net/news/20080323_russian_school_graduation/

噴水でずぶ濡れになってはしゃぐロシアの美少女たち
http://labaq.com/archives/51213157.html

【ウクライナ】ロシア同様やっぱり卒業生は噴水にダイブ
https://web.archive.org/web/20140724014305/http://digi-6.com/archives/51540038.html

大学の校庭の噴水(夜)

でも自分が働いていた頃(2010~11年)に、こんな素敵な設備は無かったので、学生さんたちはせいぜいペットボトルの水を掛け合うぐらいだった。

ちょうど今頃は卒業式のシーズンなので、我が校でもハレンチな光景が見られるようになっているのでしょうか。
実にけしからん、もっとやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

崖っぷち ウズベキスタン

ここは、ウズベキスタンさんがサッカーのワールドカップに初出場できるか注目している、日本で唯一のブログです。

遠く遠くはるか彼方 まだ見ぬあの場所へ
http://braille.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/syria-qatar.html

〔イラン 対 ウズベキスタン〕

ここまでの予選の成績は予想通りだけど、韓国も結構やらかしているので、まだギリギリ最後の希望が残っている。

韓国代表、33年ぶり“惨事”に地元メディア「恥ずかしい」 W杯出場危機で監督解任論が再燃
http://www.football-zone.net/archives/63917

イランがW杯出場…韓国は痛恨敗戦、ウズベクと2位争い/アジア最終予選A組
https://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20170614/600328.html

アジア予選グループAの結果

ということで、ウズベキスタンさんは、残りの2試合を勝ち続けなければならない。
あきらめたら、そこで試合終了ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月28日 (日)

ウズベキスタンの山手線

ウズベキスタンの新しい大統領は、以前の大統領よりも、国内の都市建設や交通網のインフラ整備に熱心に見える。
特に鉄道には力を入れているようで、さまざまな新路線の計画が発表されている。

首都タシュケントは急激に発展して、ついに大都会となってきたため、新たに周りを取り囲む線路が必要となってきた。
そこで、2021年までに総工費を約350億円かけて、山手線のように環状運転する路線を開通させることになった。

Shavkat Mirziyoyev Toshkent halqa yoʻlidagi elektrichka loyihasi bilan tanishdi - Daryo
https://daryo.uz/2017/04/09/shavkat-mirziyoyev-toshkent-halqa-yolidagi-elektrichka-loyihasi-bilan-tanishdi/

ウズベキスタンの首都タシュケントの山手線(路線図)

Президент утвердил проект создания скоростного кольца вокруг Ташкента - UzDaily
http://www.uzdaily.uz/articles-id-32715.htm

駅の数は26で、内回りと外回りの2線路がある。
全長71.2kmは、山手線(34.5km)の倍ぐらい。
7分おきの運行で、一周は約1時間なので、かなり便利そう。


駅は
ロシア語で
станция (スターンツィヤ)
ウズベク語だと
bekat

主要なターミナル駅の場合は
ロシア語で
вокзал (ヴァグザール)
ウズベク語だと
vokzal

Video: Toshkent shahrida quriladigan halqa temir yoʻli loyihasi - Daryo
https://daryo.uz/2017/04/09/video-toshkent-shahrida-quriladigan-halqa-temir-yoli-loyihasi/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

中央アジアの人たちが、日本に来やすくなる。 ちょっとだけ。

日本ではあまり注目されてないニュースだけど、こういう大事な国際会合での決定が行われている。

岸田氏、240億円支援表明 中央アジア諸国と外相会合 - 朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASK5163DJK51UTFK00W.html

会合ではこのほか、5カ国からの日本へのビザ発給要件の緩和や人材育成のため今後5年間で2千人に日本での研修の機会を提供することも確認。

財政規律が崩壊している中で、今の外交政策はバラマキと批判されることが多いものの、ウズベキスタンなど中央アジアの人たちにとっては、ほんの少しだけ恩恵がある。

ウズベキスタン⇔日本

中央アジア5か国国民に対するビザ発給要件の緩和 - 外務省
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_004561.html

1 今般の「中央アジア+日本」対話・第6回外相会合の際に発表した,中央アジア5か国(カザフスタン,キルギス,タジキスタン,トルクメニスタン,ウズベキスタン)国民(一般旅券所持者)に対する短期滞在ビザの発給要件緩和措置に関し,平成29年6月5日以降の申請分から運用を開始します。

2 運用を開始する具体的な措置の内容は以下のとおりです。
(1)従来発給している商用の方や文化人・知識人に対する短期滞在数次ビザの発給対象者の範囲を拡大することに加え,最長の有効期間を現行の3年から5年に延長します。
(2)自己支弁による渡航の場合,短期滞在ビザの身元保証書等の提出書類を省略します。

3 今回の緩和措置によって,商用や観光等の目的で訪日する中央アジア5か国の国民の利便性向上や訪日者の増加,ひいては日・中央アジア諸国間の人的交流の一層の活発化に資することが期待されます。

中央アジアから日本に来る人の数は、今のところ年に7~8千人
ビザが少し取りやすくなったからといって、まだハードルは高く、なかなか気軽に旅行で来られるというわけではない。


また、悲しいことに犯罪者も紛れ込んでいる場合がある。
そんなことのために、日本にやって来ちゃダメですよ。

窃盗(自動車盗)被疑者の逮捕 【愛知県警察組織窃盗グループ壊滅プロジェクト(捜査第三課、東海・緑警察署)、岐阜・山梨県警察】
https://www.gaccom.jp/safety/detail-86596

平成28年10月26日から翌27日までの間、名古屋市西区内の駐車場と海部郡大治町内の住居敷地に駐車中の普通乗用車を盗んだウズベキスタン国籍の男3人(22歳から26歳)、中国籍の男(42歳)、ブラジル国籍の男3人(34歳から42歳)を5月10日までに逮捕しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

名前をつけてやる (アラル海:船の墓場の「日本丸」)

船は

ロシア語で
корабль (カラーブリ)
または
судно (スードナ)
または
лодка (ロートカ)

ウズベク語だと
kema
または
qayiq


アラル海の「船の墓場」といえば、ダークツーリズムとして人気の観光スポット。

それを、さらなる観光資源として利用するため、船に「ドイツ」や「日本」など国の名前を付けようとしている。

Кораблям на дне Аральского моря дадут имена - Gazeta.uz
https://www.gazeta.uz/ru/2017/04/13/aralsea/

アラル海「船の墓場」(カラカルパクスタン共和国)

Orol dengizining qurigan tubida "Germaniya" va "Yaponiya" nomli kemalar paydo boʻladi - Daryo
https://daryo.uz/2017/04/13/orol-dengizining-qurigan-tubida-germaniya-va-yaponiya-nomli-kemalar-paydo-boladi/

アラル海(ムイナク町)の朽ちた船

いくらウズベキスタンさんに巨額の援助をしている二ヵ国だからといって、そんな変なゴマをすらなくてもいいんじゃないですか。

ウズベキスタン基礎データ - 外務省
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/uzbekistan/data.html

ウズベキスタンへのODA拠出実績
(2013年、単位:百万ドル)

  1. 日本  56.49
  2. ドイツ  37.21
  3. アメリカ  28.45
  4. 韓国  13.42
  5. スイス  3.38

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

ウズベキスタンでもジャガイモが不足して価格高騰

北海道でのジャガイモの不作により、カルビーと湖池屋のポテトチップスが販売休止になっていることは、なんとウズベキスタンでもニュースの話題になっている。

Японияда картошка танқислиги юзага келди - Kun.uz
http://kun.uz/news/2017/04/14/aponiada-kartoska-tankisligi-uzaga-keldi

「日本のポテトチップス不足」に関するウズベキスタンの新聞記事

ウズベキスタンでのポテトチップスといえば、日本製のものは無く、スーパーマーケットなどでプリングルズが売っている。

なんと「プリングルズはポテトチップスではなく、ビスケット」との判決が出る - らばQ
http://labaq.com/archives/51054617.html

プリングルズ(Pringles)と言えば、きれいに重なった筒状の容器に入っている、おなじみのポテトチップスのブランドです。
この誰もが知るポテトチップスですが、このたびこれはポテトチップスではないとイギリスの高等裁判所から判決を受けました。

判決の理由となったのは、この自然ではない形と、使用されているジャガイモの量が原材料の50%以下だったことだと見られています。


ジャガイモは
ロシア語で
картофель (カルトーフィリ)
または
картошка (カルトーシカ)

ウズベク語だと
kartoshka

ウズベキスタンの中でも、特にフェルガナ地方は農業地帯で、ジャガイモも生産されており、まるで北海道のような雄大で美しい景色が広がっている。

フェルガナ郊外のじゃがいも畑
http://braille.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-e85f.html

ウズベキスタンのじゃがいも畑(フェルガナ地方)

そしてウズベキスタンでも、ここ最近は天候不順・病害虫などの原因で、ジャガイモが不作になっている。
日本だったらポテトチップスが無くなる程度で済むけど、ウズベキスタンだとジャガイモの価格高騰が国民生活を直撃する問題になっている。

Oʻzbekistonda kartoshkaning narxi nega oshib ketdi? - Daryo
https://daryo.uz/2017/04/13/ozbekistonda-kartoshkaning-narxi-nega-oshib-ketdi/

С ЧЕМ СВЯЗАН ДЕФИЦИТ КАРТОФЕЛЯ В УЗБЕКИСТАНЕ? - Darakchi
http://darakchi.uz/ru/26177

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧