« プリンシプル オブ プログラミング | トップページ | ウズベキスタンの地図を高画質な写真で見たい »

2016年7月 2日 (土)

外務省「危険情報」表現の変更 【レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)】

最近のイスラム過激派によるテロは、ウズベキスタンの人たちの間でも大問題になっている。

トルコ空港自爆攻撃、実行犯はロシア・ウズベク・キルギス出身 - ロイター
http://jp.reuters.com/article/turkey-blast-idJPKCN0ZH3RH

トルコ最大都市イスタンブールのアタチュルク空港で起きた自爆攻撃事件で、実行犯3人の国籍がロシア、ウズベキスタン、キルギスであることがわかった。

テロ実行犯、ラッカから入国…自爆用ベスト持参 - 毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20160701/k00/00e/030/195000c

IS組織内に最強部隊の一つとして「ウズベク部隊」と呼ばれる集団があり、イラクのISの最大拠点だった首都バグダッド近郊の街ファルージャで前線を守っていたという。

「IS化」する中央アジア アジア最深部で広がる脅威 - NHK
http://www.nhk.or.jp/kokusaihoudou/archive/2015/10/1030.html

「世界で脅威となっている過激派組織IS。
その勢力は、中東を中心に、アフリカからアジアまで世界各地に拡大しています。

そして今、ISが触手を伸ばしているのが中央アジア。

ラマダン中ぐらい停戦すればいいものを、ここぞとばかりに異教徒を狙った国際テロ事件が頻発している。
そんなイスラム国などテロリストたちのキャンペーン期間も、今年はもうすぐ終了する。(2016年のラマダンは、6月6日~7月5日


このような状況で、平和ボケしてソフトターゲットになっている日本人のために、外務省が去年から取った対策の一つがこちら。

「危険情報」の表現の変更等 - 外務省
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_002373.html

「危険情報」については、従来の4段階のカテゴリーについては維持しますが、カテゴリーの表記及び説明を改めます。
http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/pdf/tokojyoho.pdf

今までの遠回しで分かりづらい表現ではなく、より直接的な表現に変えることにより、危機意識を高めようとしている。

レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)

例えば、ウズベキスタン共和国の場合、フェルガナ地方の「国境付近」の危険レベルは

【変更前】 渡航の延期をお勧めします。
 ↓
【変更後】 レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)
その国・地域への渡航は,どのような目的であれ止めてください。(場合によっては,現地に滞在している日本人の方々に対して退避の可能性や準備を促すメッセージを含むことがあります。)

|

« プリンシプル オブ プログラミング | トップページ | ウズベキスタンの地図を高画質な写真で見たい »

コメント

いつもウズ情報ありがとうございます。
この事件でウズへの渡航者が減ってしまうのでしょうね。残念ですが。フェルガナ市内はレベル1なのでしょうか?リシタンはもろ国境近くですがレベル2?アンディジャンは?

投稿: yj | 2016年7月 5日 (火) 10時49分

フェルガナ市内、リシタン、アンディジャンは、今のところレベル1です。レベルが上がると、協力隊には撤収命令が出ます。

投稿: なかがわ | 2016年7月 5日 (火) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208940/66314113

この記事へのトラックバック一覧です: 外務省「危険情報」表現の変更 【レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)】:

« プリンシプル オブ プログラミング | トップページ | ウズベキスタンの地図を高画質な写真で見たい »