« きっと来る きっと来る | トップページ | ロシアのルーブル暴落によるウズベキスタン経済への影響 »

2015年1月 2日 (金)

太陽の国

太陽は
ロシア語で
солнце (ソーンツァ)
ウズベク語だと
quyosh

ウズベキスタンは、年間300日以上が晴れている国なので、太陽光発電に向いている。
主に韓国や中国が技術を提供していて、最近ソーラーパネルの設置に関する話題が増えてきた。

ホレズム王国

日照日数が特に多い西の砂漠地帯だけでなく、フェルガナ盆地でも太陽光発電所の実験をしている。

В Папском районе запустили солнечную фотоэлектрическую станцию
http://www.12news.uz/news/2014/12/%D0%B2-%D0%BF%D0%B0%D0%BF%D1%81%D0%BA%D0%BE%D0%BC-%D1%80%D0%B0%D0%B9%D0%BE%D0%BD%D0%B5-%D0%B7%D0%B0%D0%BF%D1%83%D1%81%D1%82%D0%B8%D0%BB%D0%B8-%D1%81%D0%BE%D0%BB%D0%BD%D0%B5%D1%87%D0%BD%D1%83%D1%8E/

ウズベクエネルゴ - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%BA%E3%83%99%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%B4

|

« きっと来る きっと来る | トップページ | ロシアのルーブル暴落によるウズベキスタン経済への影響 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208940/58444136

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽の国:

« きっと来る きっと来る | トップページ | ロシアのルーブル暴落によるウズベキスタン経済への影響 »