« ウズベキスタン文化デー | トップページ | Toʻy Tabrik (結婚おめでとう) »

2014年3月16日 (日)

杏(アンズ)の花の咲く頃に

ウズベキスタンでは、そろそろ杏(アンズ)の花が咲く頃。
フェルガナ地方は原産地ということもあり、この季節の景色は、ウズベキスタンの中でも特に美しい。

アンズ - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%BA

ヒマラヤ西部~フェルガナ盆地にかけての地域を原産とする、バラ科サクラ属の落葉小高木である。

春(3月下旬から4月頃)に、桜よりもやや早く淡紅の花を咲かせ、初夏にウメによく似た実を付ける。
美しいため花見の対象となることもある。

※ 残念ながら、ウズベキスタンには公園で花見をするような風習はありません。

満開の杏の花

|

« ウズベキスタン文化デー | トップページ | Toʻy Tabrik (結婚おめでとう) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208940/55398562

この記事へのトラックバック一覧です: 杏(アンズ)の花の咲く頃に:

« ウズベキスタン文化デー | トップページ | Toʻy Tabrik (結婚おめでとう) »