« 青年海外協力隊の映画のシナリオ決定 | トップページ | Xalqaro pochta (国際郵便) »

2014年2月 2日 (日)

フェルガナのITの大学の先生・生徒たちが一番欲しがる物

ウズベキスタンにお歳暮の風習は無いものの、3月下旬の新年のお祝いにあわせて、フェルガナの職場でお世話になった方々に、帰国後も感謝の気持ちを込めて贈り物をしている。

2013年3月23日(土) 君に届け
http://braille.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-d1bc.html

ITの大学の人たちが、一番にリクエストしてくるのはUSBメモリ
ネットワークが発達していない環境なので、皆さんよく使っている。
でも、途中で税関職員や郵便局員に盗られるような気がして、これまで国際郵便で送る勇気が出ず、USBメモリは需要が多いけど断っていた。

去年、試しにボールペンを送ってみて、ちゃんとフェルガナの大学に届くことを確認できた。
なので今年は、いよいよUSBメモリを送り、届くかどうか実験中。
(送料は600gで680円だった)

ウズベキスタンのフェルガナ宛の郵便物

|

« 青年海外協力隊の映画のシナリオ決定 | トップページ | Xalqaro pochta (国際郵便) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェルガナのITの大学の先生・生徒たちが一番欲しがる物:

« 青年海外協力隊の映画のシナリオ決定 | トップページ | Xalqaro pochta (国際郵便) »