« 【再】 ウズベキスタンの通貨スムの札束を悪用した詐欺犯罪 | トップページ | 亭主関白なホームステイ »

2013年4月24日 (水)

花の命は短くて

こういう記事を見かけた。

未婚女性、海外では何歳以上が"行き遅れ"と言われる?
http://news.mynavi.jp/news/2013/04/23/218/

24歳をこえると、もう結婚し遅れたとされる
(ウズベキスタン/女性/20代後半)

大学の未婚女性たち

確かに、大学で働いている未婚の女性も、まだ23才なのに
бабушка(バーブシカ)
⇒ おばあさん
と呼ばれていた。かわいそうに…


以下、ウズベキスタンの楽しい結婚式の風景。

ウズベキスタンの結婚式

同僚の数学教師は29才で、この国ではかなり結婚が遅いほうだったけど、20才の看護師さんをお嫁さんにもらっていた。
ウズベキスタンにも、年の差婚ブームが来るかもしれない。

新郎(30才)・新婦(20才)

ホームステイ先のホストマザーは第二夫人だった。(一夫多妻制で、奥さんは4人までOK)
若いときに仕事を頑張っていたら25才を過ぎてしまい、第一夫人になる資格を失って後悔したのだとか。
だから、娘には早く10代のうちに結婚させたいと言っていた。

|

« 【再】 ウズベキスタンの通貨スムの札束を悪用した詐欺犯罪 | トップページ | 亭主関白なホームステイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208940/51362192

この記事へのトラックバック一覧です: 花の命は短くて:

« 【再】 ウズベキスタンの通貨スムの札束を悪用した詐欺犯罪 | トップページ | 亭主関白なホームステイ »