« 帰国して1年 | トップページ | ボランティアポータルシステムのアカウントが停止されて入れなくなった »

2013年1月 5日 (土)

統計で見るウズベキスタン (ウェブブラウザの利用シェア)

ウズベキスタンに住んでいたとき、インターネットの速度の遅さにイラッときて、メインで使用するブラウザをIEからChromeに変えた。

2010年12月4日(土) ウズベキスタンから見るブラウザ戦争
http://braille.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-2104.html

ウズベキスタンの人たちも同じように感じていたらしく、当時現地で主に使われていたOperaとIEがどんどんChromeに喰われていく様子が、ウェブブラウザの利用シェアの統計からも分かる。

Top 5 Browsers - StatCounter Global Stats
http://gs.statcounter.com/

ウズベキスタンのブラウザのシェアの推移(2010年~2012年)

また、使用ブラウザの順位からも、ウズベキスタンと日本のインターネットや端末の環境、そして文化の違いが読み取れて面白い。(2012年12月時点)

<ウズベキスタン>
35.95% Chrome
24.95% Firefox
20.69% Opera
12.67% IE
3.34% Safari

<日本>
53.90% IE
20.87% Chrome
14.51% Firefox
7.86% Safari
1.05% Opera

ウズベキスタンのブラウザのシェア(2012年12月時点)

|

« 帰国して1年 | トップページ | ボランティアポータルシステムのアカウントが停止されて入れなくなった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208940/48573341

この記事へのトラックバック一覧です: 統計で見るウズベキスタン (ウェブブラウザの利用シェア):

« 帰国して1年 | トップページ | ボランティアポータルシステムのアカウントが停止されて入れなくなった »