« 日本で売られているウズベキスタンのメロン | トップページ | 青年国内協力隊 »

2012年8月13日 (月)

ウズベキスタンの携帯電話(MTS)が使えず不便でしょうがない

ウズベキスタンでは、先月(7月17日)から大手の携帯電話会社МТС(エム・テー・エス)のサービスが止められるという、大迷惑な事態が起きている。

現地に住んでいる人たちだけでなく、ウズベキスタンへ旅行する外国人などにも影響が出てくる。

不通情報 - NTTドコモ (国際ローミングサービス:WORLD WING)
http://www.nttdocomo.co.jp/service/world/areainfo/worldwing/

NTTドコモの不通情報(ウズベキスタン)

ウズベキスタン 2012年07月24日掲載

【UZB MTS】
ウズベキスタンではローミングサービス(通話・パケットサービス等全て)がご利用いただけません。

1ヵ月たっても再開する様子が見られないので、これはもうダメかもしれない。
こんなドタバタばかり繰り返してたら、世界中の笑い物になりますよ。

ロシア移動通信最大手のMTS、
ウズベキスタン事業免許はく奪
- FBC 東欧経済ニュース
http://fbc-news.azurewebsites.net/ost/ost25442/

ロシアで企業活動が政治的恣意によって妨害されるケースがあるが、そのロシア企業が中央アジアで同じ苦難に直面している。ロシア最大の移動通信企業であるモバイルテレシステムズ(MTS、システマグループ)が、ウズベキスタンで事業免許の無効を宣言され、罰金や税金として総額10億米ドルを超える支払いを求められているのだ。今回のケースは、中央アジアにおけるビジネスの難しさを改めて示している。

MTSによると、政府の狙いは国内最大の電気通信企業であるウズドゥンロビタの再国有化にある。その根拠の一つとして、ウズドゥンロビタの時価総額が政府の要求額の合計とほぼ一致することを挙げる。

ウズベキスタンはビジネスの難しい国として知られている。世界銀行のビジネス環境指数では183カ国中166位、トランスペアレンシーインターナショナル(TI)の汚職度指数では183カ国中177位にランキングしている。

|

« 日本で売られているウズベキスタンのメロン | トップページ | 青年国内協力隊 »

コメント

最初は「10日間使えないよ、いずびにーちぇ・・・」ってMTSからのSMSだったんですけどね・・・。
スム束をパイネット経由で入れたばかりだったので、もったいなくてしかたありません。

投稿: ぐんちょ | 2012年8月15日 (水) 01時51分

入金直後に止められたら、そりゃくやしいですねぇ。
よく分かります。
帰国までに、元通り再開されるといいですね。

投稿: なかがわ | 2012年8月15日 (水) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208940/46680147

この記事へのトラックバック一覧です: ウズベキスタンの携帯電話(MTS)が使えず不便でしょうがない:

« 日本で売られているウズベキスタンのメロン | トップページ | 青年国内協力隊 »