« 2月はウズベキスタン特集 | トップページ | ロシア語の電子辞書の進化(XD-D7700) »

2012年2月 9日 (木)

合格率50%の法則

青年海外協力隊の選考結果が発表された。
この中に、私の後任(2代目)はいますかね…

コンピュータ技術の選考状況

「コンピュータ技術」職種の合格率は、ここ最近の傾向が決まっていて、合格者数がずばり予想できる。
今回も、その法則が当てはまった。

・平成23年度 秋募集 <今回>
応募者:32人 ⇒ 合格者:16人 (50%)

平成23年度 春募集 <前回>
応募者:26人 ⇒ 合格者:13人 (50%)

平成22年度 秋募集 <前々回>
応募者:26人 ⇒ 合格者:13人 (50%)

確率がちょうど2分の1なので、受かるか落ちるかは丁半バクチになる。
でも別の見方をすれば、2回受ければ合格できるレベル。

それにしても、JICAがここまできれいな数字で統一している理由は何なんでしょうか?

|

« 2月はウズベキスタン特集 | トップページ | ロシア語の電子辞書の進化(XD-D7700) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 合格率50%の法則:

« 2月はウズベキスタン特集 | トップページ | ロシア語の電子辞書の進化(XD-D7700) »