« 国際ボランティア論 ― 世界の人びとと出会い、学ぶ | トップページ | 帰国時自治体表敬の準備 »

2012年1月25日 (水)

途上国から見た日本 ― 文化は異文化で磨かれる

国際協力とボランティアに関して、昨年出版されていた本の3冊目をご紹介します。
JICAの中の人からの視点で、青年海外協力隊事業の意義についても書かれています。

「途上国から見た日本 ― 文化は異文化で磨かれる」
小森毅 文芸社 2011年12月 発行
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-11174-2.jsp

1. 好奇心の世界放浪 日本が見えた!
2. エチオピアで考えた「ひょっとすると日本は素晴らしい国じゃないか!」
3. 砂漠のサムライ サウジアラビア
4. 大国エジプト 常に300年先を考える!
5. 文明の発祥地シリア シルクロードの唐草模様!
6. 西欧のオリエント ブルガリア!
7. 中東の縮図 イエメン!
8. 国際協力と社会造り!
9. 文化は異文化で磨かれる!

途上国から見た日本 ― 文化は異文化で磨かれる

海外から日本を見つめて、確かにこの国のおかしさ・素晴らしさを改めて感じたので、読んでいて共感するところがありました。

|

« 国際ボランティア論 ― 世界の人びとと出会い、学ぶ | トップページ | 帰国時自治体表敬の準備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 途上国から見た日本 ― 文化は異文化で磨かれる:

« 国際ボランティア論 ― 世界の人びとと出会い、学ぶ | トップページ | 帰国時自治体表敬の準備 »