« 帰国時自治体表敬の準備 | トップページ | 青年海外協力協会の「平成24年 新春互礼会」 »

2012年1月27日 (金)

帰国後の健康診断の結果

帰国時健康診断の結果が郵送された。

半年前の胆嚢ジスキネジーは治ったようだけど、診察結果に新たな病名が登場した。

<診察医判定>
1. 肝障害
2. 尿潜血

ウズベキスタンでの生活は、やっぱり身体に悪い。

帰国時健康診断書

<基準値を超えた項目>
・AST(GOT)
41 IU/l 【基準値:8〜40 IU/l】
・ALT(GPT)
105 IU/l 【基準値:5〜35 IU/l】
・γ-GTP
75 IU/l 【基準値:50 IU/l未満】
・尿潜血
+ 【基準値:陰性(-)、弱陽性(±)】

尿潜血はいつものことだけど、肝臓のやられっぷりは何ですか?

<JICA顧問医のコメント>
肝障害、尿潜血について内科受診し診察を受けましょう

とおっしゃるものの、この程度の肝機能障害では、再検査や治療は自費となる。

(「帰国時ハンドブック」より引用)
「再検査連絡書」「健康診断に係る指導書」の送付がなく、JICA健康管理センター医師記入欄に指導や受診をお勧めするコメントが記載されている場合は、任意受診となりますので費用給付対象外になります。

|

« 帰国時自治体表敬の準備 | トップページ | 青年海外協力協会の「平成24年 新春互礼会」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰国後の健康診断の結果:

« 帰国時自治体表敬の準備 | トップページ | 青年海外協力協会の「平成24年 新春互礼会」 »