« 青年海外協力隊がつくる日本 ―選考試験,現地活動,帰国後の進路― | トップページ | 途上国から見た日本 ― 文化は異文化で磨かれる »

2012年1月19日 (木)

国際ボランティア論 ― 世界の人びとと出会い、学ぶ

国際協力とボランティアに関して、昨年出版されていた本の2冊目をご紹介します。
青年海外協力隊についても詳しく書かれていて、読みごたえがありました。

「国際ボランティア論 ― 世界の人びとと出会い、学ぶ」
内海成治・中村安秀 ナカニシヤ出版 2011年4月 発行
http://www.nakanishiya.co.jp/modules/myalbum/photo.php?lid=743&cid=14

今、国際ボランティアはどうあるべきか?
青年海外協力隊のあり方、帰国後の隊員のケアから、各国のボランティア事情まで、ボランティア学の立場から国際ボランティアの意義とこれからを考える。

国際ボランティア論 ― 世界の人びとと出会い、学ぶ

第1部 国際ボランティアの研究
1. ボランティア論から見た国際ボランティア
2. 国際ボランティアと学び

第2部 青年海外協力隊の研究
3. 青年海外協力隊をめぐって
4. 青年海外協力隊員の社会貢献活動
5. 一滴の絵の具 — 青年海外協力隊員報告書からの学び
6. 市民参加と青年海外協力隊

第3部 世界の国際ボランティア
7. アメリカ
8. カナダ
9. フランス
10. スウェーデン
11. イギリス
12. 韓国

|

« 青年海外協力隊がつくる日本 ―選考試験,現地活動,帰国後の進路― | トップページ | 途上国から見た日本 ― 文化は異文化で磨かれる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国際ボランティア論 ― 世界の人びとと出会い、学ぶ:

« 青年海外協力隊がつくる日本 ―選考試験,現地活動,帰国後の進路― | トップページ | 途上国から見た日本 ― 文化は異文化で磨かれる »