« 年男 | トップページ | さようなら、ウズベキスタン »

2012年1月 2日 (月)

ウズベキスタンのナイフ

ウズベキスタンから日本へのお土産は難しい。

フェルガナ地方だと、リシュタンの皿マルギランの絹布などが有名だけど、重かったりかさばったりして、持って帰るのが大変なものが多い。

その他に、全国的にポピュラーでお手頃なみやげ物といえば、ナイフ。

バザールのナイフ屋さん
鋭い切れ味

ちゃんと殺傷能力があるため、飾り物としてだけでなく、実用品としても使える。

だけど、もちろん空港では注意が必要。
うっかり機内持込みの手荷物に入れていると、没収される。

|

« 年男 | トップページ | さようなら、ウズベキスタン »

コメント

ウズホテルでの、長い滞在お疲れ様です。
いよいよ、明日帰国ですか?

最後まで何が起こるか分からないウズベキスタンですので(笑)、気を付けて出発してくださいね。
今まで、本当にありがとうございました!!

投稿: ぐんちょ | 2012年1月 2日 (月) 23時05分

ぐんちょさん、ありがとうございます。
1月3日の夜の飛行機で出発します。

リシタンからのブログ楽しみにしています。
いつも日本から応援していますよ!

投稿: なかがわ | 2012年1月 3日 (火) 14時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208940/43573606

この記事へのトラックバック一覧です: ウズベキスタンのナイフ:

« 年男 | トップページ | さようなら、ウズベキスタン »