« 【帰国準備】ボランティア報告書(第5号:赴任後24ヵ月) | トップページ | xudo xohlasa (フド ホフラサ : 神が望めば) »

2011年12月17日 (土)

配属先の大学からの評価

第5号報告書に添付する「活動結果表」には、2年間のボランティア活動に対する配属先からの評価・コメントを現地語で記入してもらう欄がある。

まぁ、フェルガナの人たちは親切だから、絶対に悪いように書かれることはないんですけどね。

1. Значительно улучшил знания русского и узбекского языков. Упростилось общение.
⇒ かなりロシア語とウズベク語の知識を向上させた。意思疎通を容易にした。

2. Принимает активное участие во всех мероприятиях. Помогает студентам по всем вопросам.
⇒ 全ての活動に積極的に参加した。全ての問題に関して学生を支援した。

3. Оказывает помощь коллегам-преподавателем по вопросам программирования, новых технологий и посильную техническую помощь.
⇒ プログラミング及び新しい技術の問題について同僚教員に助力し、実現可能な技術的援助をした。

教員室の自席
教員室の自席

たいしたことは出来なかったけど、大学の人たちに「来てくれて良かった」と言ってもらえたのだから、きっとこの2年間の活動に何らかの意味はあったのでしょう、と思います。

情報工学科の教員室
情報工学科の教員室

|

« 【帰国準備】ボランティア報告書(第5号:赴任後24ヵ月) | トップページ | xudo xohlasa (フド ホフラサ : 神が望めば) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 配属先の大学からの評価:

« 【帰国準備】ボランティア報告書(第5号:赴任後24ヵ月) | トップページ | xudo xohlasa (フド ホフラサ : 神が望めば) »