« フェルガナのアウトレットモール(のようなもの) | トップページ | 電磁波の観測による地震の予知 »

2011年11月21日 (月)

フェルガナ校での出張セミナーの再計画

9月に、配属先の大学の本校や他の分校で活動している青年海外協力隊員/シニア海外ボランティアを講師として招き、最新の情報通信技術に関するセミナーを開催することを予定していた。
その企画の実現に向けて準備を進めていたけど、今年はパフタ(綿摘み作業)が想定外に早く始まってしまったため、やむをえず一旦延期とした。

また今年のウズベキスタンは冬の始まりも早く、冬季のカムチック峠の自動車での移動が禁止となり、フェルガナ地方への出張がますます困難となってきた。

しかしその後、フェルガナ地方の綿摘みも終わり、またさまざまな関係者と調整した結果、なんとか12月中旬にセミナーを開催できそうなメドがたった。
残り1ヵ月の活動期間、まだまだあきらめずに最後までやり遂げますよっ。

セミナーの企画書(承認済)

これは、出張セミナーの承認文書。
学科長 → 学部長 → 副学長 → 学長と、大学内の偉い人たちに何度も説明して、決裁してもらった。

|

« フェルガナのアウトレットモール(のようなもの) | トップページ | 電磁波の観測による地震の予知 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェルガナ校での出張セミナーの再計画:

« フェルガナのアウトレットモール(のようなもの) | トップページ | 電磁波の観測による地震の予知 »