« 電磁波の観測による地震の予知 | トップページ | ウズベキスタンの乾電池 »

2011年11月23日 (水)

電源のテスターを寄付した

青年海外協力隊のコンピュータ系職種の技術補完研修で、故障したパソコンの修理をするという授業があった。
そこで学んだことの一つに、電源のテスターが故障部位や原因を特定するのにとても役立つというのがあった。
そのため、派遣前準備のときにお手頃なものを買って、ウズベキスタンに持ってきた。

サンワ アナログマルチテスタ CP-7D
http://www.sanwa-meter.co.jp/japan/index.php?cp-7d

電源テスター

しかし、この大学の皆さんパソコンが故障しても、素晴らしい経験と勘と度胸で直せてしまっている。
結局、この2年間でほとんど出番が無かった。

唯一テーブルタップが壊れたときに、どこまで通電しているかを確かめるために使うぐらいだった。
とはいえ、最初から寄付するつもりで持ってきた物。
今後、もしかしたら何かの役に立つかもと思って、修理が得意な用務員さんにあげた。

|

« 電磁波の観測による地震の予知 | トップページ | ウズベキスタンの乾電池 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電源のテスターを寄付した:

« 電磁波の観測による地震の予知 | トップページ | ウズベキスタンの乾電池 »