« 大学での英語教育 | トップページ | フェルガナでもTDKのDVD-Rが買える »

2011年11月26日 (土)

大学にスキャナーを寄付した

情報工学科の同僚の先生たちが「スキャナーを使いたい」と言うので、CanonのA4サイズのスキャナーをあげた。
ここでなら今後も有効利用してもらえそうなので、なによりです。

学科長のパソコンにスキャナーを設置

一応ドライバのCDもセットで渡したけど、たぶんすぐになくされてしまうことでしょう。

スキャナーは、駒ヶ根訓練所でもウズベキスタンでも意外と役に立った。
使う頻度はそう多くはないものの、たまにどうしても必要になるときがある。
なので、コンピュータ技術の隊員なら、1台持っていてもいいと思う。
地方隊員ということもあり、文書を画像に取り込んで、首都のJICA事務所などにメールで送らなければならないこともあった。

もともとこのスキャナーは、点訳作業のために買ったものだった。
本をOCRで読み取って文字認識すれば、それを点字のファイルに自動変換できる。
そのため、スキャナはパソコン点訳の必需品。

もう10年近くも前の古い機種なので、最初からウズベキスタンに置いてこようと思って持ってきた。
今はもっと性能のいい製品が出ているため、日本に帰ったら速攻で買い直す。

|

« 大学での英語教育 | トップページ | フェルガナでもTDKのDVD-Rが買える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大学にスキャナーを寄付した:

« 大学での英語教育 | トップページ | フェルガナでもTDKのDVD-Rが買える »