« ブハラ通りで会いましょう | トップページ | 点字あゆみの会 「1日点字講習会」(2011年) »

2011年9月16日 (金)

フェルガナで風邪が流行中

駒ヶ根訓練所のロシア語の授業で

простуда(プラストゥーダ)
⇒ 風邪

грипп(グリープ)
⇒ インフルエンザ

と習った。
辞書にも、確かにそのように載っている。

しかし、フェルガナの皆さんは風邪のことをгрипп(グリープ)と言っている。
простуда(プラストゥーダ)と言っても、あまり通じない。

フェルガナでは今、風邪が流行っている。
大学の同僚の先生がずっと咳をしていて、自分も同じ教員室にいたら、みるみるうちにのどが痛くなってきて発病した。
やっぱりウズベキスタンの菌は凶悪

症状は、以下のように二段階ある。

<第一段階>
のどが痛くなり、せきが出る。

<第二段階>
頭がぼーっとする。
鼻水・くしゃみが出る。

事業仕分けのせいで、今は青年海外協力隊に常備薬が支給されなくなったけど、以前は風邪薬などの医薬品がもらえた。
そのパブロンゴールドを飲んだら、あっという間に完治した。
日本の薬はウズベキスタンの風邪にも速攻で効いて素晴らしい。

早めのパブロン

|

« ブハラ通りで会いましょう | トップページ | 点字あゆみの会 「1日点字講習会」(2011年) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェルガナで風邪が流行中:

« ブハラ通りで会いましょう | トップページ | 点字あゆみの会 「1日点字講習会」(2011年) »