« フェルガナの町の再開発 | トップページ | ウズベキスタンのうどん »

2011年5月 2日 (月)

フェルガナのошхона(大衆食堂)

配属先の大学には学食が無いため、昼食はいつも外のoshxona(大衆食堂)に行っている。
でも断水や停電のため料理が作れず、行っても「出せる料理が何もない」と言われて、がっかりすることもある。

フェルガナの大衆食堂

フェルガナでの昼食代の相場は、2,000~3,000スム(100~150円ぐらい)。
首都タシュケントで同じものを食べると、その倍ぐらいの値段になる。

食堂のメニュー

カタコトのウズベク語を話す日本人は、なぜかこの食堂のオバちゃんたちにモテモテで、何も言わなくてもサービスで大盛りにしてくれたりする。
もはやジゴロですよ、食堂ジゴロ。

ウズベキスタンで、カフェのような客商売を成り立たせるのは難しいらしい。
外食産業は安定しておらず、行きつけのお店がある日突然つぶれていたり、店主が替わっていたりする。
この1年だけでも、近所に新しいお店が出来ては潰れ、出来ては潰れを繰り返した。

|

« フェルガナの町の再開発 | トップページ | ウズベキスタンのうどん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェルガナのошхона(大衆食堂):

« フェルガナの町の再開発 | トップページ | ウズベキスタンのうどん »