« 堪忍袋の緒が切れる | トップページ | フェルガナのошхона(大衆食堂) »

2011年5月 1日 (日)

フェルガナの町の再開発

フェルガナ市街の中心部。
バスターミナルの近辺は、花屋さんや携帯電話のお店などがいっぱい並んでいた。

Before

それが、何の前触れもなく、次の週には跡形もなく撤去されていたりする。
日本だと信じられない光景だけど、ウズベキスタンではたまにこういう現象が起こることがある。

これが、“土地の私有”という概念の無い国のおそろしいところ。
ある日突然、お役所から「立ちのけ!」と言われたら、庶民は出ていくしかない。

After

住民の都合など気にしなくていいので、フェルガナの町の再開発がものすごいスピードで進んでいる。
そして町並みは、きっと今よりもっとキレイになっていく。
それが良いことなのか、悪いことなのかは、よく分からないけど。

なにこのシムシティ

|

« 堪忍袋の緒が切れる | トップページ | フェルガナのошхона(大衆食堂) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェルガナの町の再開発:

« 堪忍袋の緒が切れる | トップページ | フェルガナのошхона(大衆食堂) »