« 日本のPHPの入門書 | トップページ | ウズベキスタンのチョコレート »

2011年2月12日 (土)

ウズベキスタンの「きのこの山」

ウズベキスタンでも、スーパーマーケットなどに「CHOCO BOY」という、きのこの山(のようなもの)が売っている。
普段はお菓子なんてめったに買わないけど、これを見かけたら大人買いしたくなる。

  • 大きい箱だと、5,000スム(250円ぐらい)
  • 小さい箱だと、2,500スム(125円ぐらい)

きのこの山(のようなお菓子)

キリル文字が書いてあるので、てっきりロシア製かと思っていたら、どうやら韓国からの輸入品らしい。

きのこの山 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8D%E3%81%AE%E3%81%93%E3%81%AE%E5%B1%B1

<類似商品>
大韓民国にて、オリオン製菓より「チョコきのこ」という類似商品が1984年(昭和59年)より発売されている。
現在、「CHOCOBOY」と「チョコソンイ(きのこ)」の2種類がある。

味も食感も、日本で売っているものとほぼ同じ。
でもやっぱり日本製(明治製菓)のほうが、チョコ部分が美味しい。

ちなみに「たけのこの里」は、この国ではまだ見たことがない。

|

« 日本のPHPの入門書 | トップページ | ウズベキスタンのチョコレート »

コメント

上海でも同じオリオン製菓のキノコの山売ってますね。
名前に蘑菇(キノコ)とついてました。

投稿: inudaisho | 2011年2月14日 (月) 09時56分

中国にもあるんですか。
すごい世界展開してますね、オリオン製菓。
パッケージの言語も、ちゃんと各国用に合わせてるのが面白いです。

投稿: なかがわ | 2011年2月14日 (月) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウズベキスタンの「きのこの山」:

« 日本のPHPの入門書 | トップページ | ウズベキスタンのチョコレート »