« 氷の世界 | トップページ | ウズベキスタンの暖房 »

2011年1月21日 (金)

痛み止めの薬「ロキソニン」の一般発売

ウズベキスタンに来る前、整形外科でイボ状になったホクロを取った。
そのとき、これから2年間ウズベキスタンに行くという話をしたら、お医者さんが「何かの役に立つかも」と痛み止めの薬ロキソニンをくれた。

実際、開発途上国の地方で暮らす青年海外協力隊員として、痛みの一時しのぎに重宝している。
歯痛のときにも、とてもよく効いた。

その薬が、今日から薬局で買うことができる。

「ロキソニンS」を新発売
http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/release/110117loxonin-s.html

第一三共ヘルスケア株式会社(本社:東京都中央区)は、OTC医薬品として初めて、医療用消炎鎮痛成分「ロキソプロフェンナトリウム水和物」を含有した解熱鎮痛薬「ロキソニンS」(第1類医薬品)を本年1月21日(金)に新発売します。

「ロキソニンS」は、「ロキソプロフェンナトリウム水和物」を含有した国内初のスイッチOTCで、痛みや熱の原因物質(プロスタグランジン)をすばやく抑え、すぐれた鎮痛・解熱効果を発揮します。
また、成分が体内で吸収されてから効果を発揮する「プロドラッグ製剤」であり、胃への負担が少ない解熱鎮痛薬です。
当社では、「ロキソニンS」の発売にあたり、第1類医薬品として適正使用の推進を最優先に考えており、TVCM(女優の“貫地谷しほり”さんを起用)やウェブサイト(URL:www.loxonin-s.jp)を通じ、また、購入時には薬剤師による説明に加え、服用方法や使用上の注意を記載した小冊子を配付するなどの情報提供に注力してまいります。

これから隊員になる人たちには、事業仕分けの影響で常備薬の支給がなくなるので、自分に合う痛み止めの薬を買って、任地に持って行くことをおすすめします。

ロキソニン

|

« 氷の世界 | トップページ | ウズベキスタンの暖房 »

コメント

日本でもニュースでこの話題がちょうど取り上げられていますよ。昨年末の雑誌でも今年のキーワードとして取り上げられていました。とてもポピュラーな薬ですからね。私もよくお世話になります。
病院に行かなくても手に入るようになるので便利です(^-^)

投稿: kiko | 2011年1月21日 (金) 22時21分

日本ではニュースになってるんですか。
あまりにも歯が痛くて、初めて飲みましたが、よく効く薬ですね。

投稿: なかがわ | 2011年1月22日 (土) 01時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 痛み止めの薬「ロキソニン」の一般発売:

« 氷の世界 | トップページ | ウズベキスタンの暖房 »