« 祖国防衛軍の日 | トップページ | フェルガナの路上の本屋さん »

2011年1月15日 (土)

サッカーによるナショナリズムの高揚

今開催されているサッカーのアジア杯のことが、配属先の大学でもよく話題にのぼる。
ウズベキスタンはこれまで2連勝と調子が良く、同僚の先生たちも機嫌がいい。

日本戦についても興味を持ってくれて、試合をちゃんとチェックしている。
職場では今、日本のサッカー界がいい笑いものになってますよ。

もし予選を勝ち上がれば、ウズベキスタンと直接対戦する可能性がある。
皆さん「日本には絶対に負けない!」と言っている。

なんですと!?
むき~っ!!

こういうナショナリズムの高揚も、たまにはいいもんだと思う。

写真は、同僚の数学の先生。

教員室でサッカー

|

« 祖国防衛軍の日 | トップページ | フェルガナの路上の本屋さん »

コメント

おはようございます。
日本勝ちましたね。
ウズベキスタンは同点だったものの無事一位通過。
旅行に行ってからというもの、やはり何かと気になる存在のウズベキスタン。
日本と決勝戦で戦って欲しいものです。
そうなると、そちらは大変な騒ぎになりそうですね。

投稿: aki | 2011年1月18日 (火) 07時55分

いい試合でした!
日本もウズベキスタンも、このまま決勝まで勝ち上がってほしいです。

投稿: なかがわ | 2011年1月18日 (火) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サッカーによるナショナリズムの高揚:

« 祖国防衛軍の日 | トップページ | フェルガナの路上の本屋さん »