« 髪を切るとデコピンされる | トップページ | 痛み止めの薬「ロキソニン」の一般発売 »

2011年1月20日 (木)

氷の世界

1月のウズベキスタンは、冬まっさかり。
外の空気は、寒いというより痛い。

デフォルト氷点下なので、植物も凍ってますよぉ。

凍った木

こんな状態だと、人々は外に出るのが億劫になり、街に活気が無い。
職場の人たちも、冬は嫌いなのだとか。

でも冬にも一つだけ良い所があって、「ハエが全くいないのが嬉しい」と言っていた。
(フェルガナの夏は、ハエがとても多い)

|

« 髪を切るとデコピンされる | トップページ | 痛み止めの薬「ロキソニン」の一般発売 »

コメント

確かに『ハエ』たくさんいました!
最初は戸惑いましたが、そのうち『こんなもんなんだ』と開き直り、どんなにたくさん飛んでいようが慣れました(^O^)
バスの中にも(人数がそこそこいたので観光バスで移動)入ってきて、ガイドさんが気を遣って退治してくれていました。

投稿: aki | 2011年1月20日 (木) 12時02分

うちの近所は団地のゴミ捨て場があって、特にハエが多いです。
この国の人たちも慣れて気にしていないのかと思っていたら、どうやらそうではなかったようです。

投稿: なかがわ | 2011年1月20日 (木) 20時53分

私もウズベキスタンの人々は、気にしていないのかと思っていました(*^_^*)やはり、ウズベキスタンで生活しているからこそ、いろいろなことがわかりますね。とても参考になります。

投稿: aki | 2011年1月20日 (木) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 氷の世界:

« 髪を切るとデコピンされる | トップページ | 痛み止めの薬「ロキソニン」の一般発売 »