« 師走 | トップページ | ウズベキスタンから見るブラウザ戦争 »

2010年12月 3日 (金)

大学の先生たちの試験

12月の授業計画を学科長に持って行ったら
「12月はとても忙しいので、来年1月に延期してくれ」
と言われてしまった。

今は大学の先生たちの試験期間中で、それが重荷になっているのだとか。
なので、また授業が少なめになっている。

首都にある本校の校長が最近変わって、大学の改革をしているらしい。
その影響が、このフェルガナの分校にまで及んできている。

こんな試験をやるのは今年が初めてのことなので、みんな勝手がよく分からないそうだ。
ただ、出題範囲(例えばWordやExcelの基礎など)は決められていて、一問一答形式のプリントが配られていた。
普段は決して使わないのに、簡単な英単語なども勉強させられていた。
かわいそうに。。。

そして先日、第一回目の試験があった。
試験の直前まで必死に勉強をする先生たち。
ちなみに右の人は、情報工学部の副学部長。

試験勉強中

出題はウズベク語だけで、ロシア語しか分からないロシア人の先生が愚痴を言っていた。
悪い点数を取ってしまった人には、一体どんなお仕置きが待ってるんだろう…

|

« 師走 | トップページ | ウズベキスタンから見るブラウザ戦争 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大学の先生たちの試験:

« 師走 | トップページ | ウズベキスタンから見るブラウザ戦争 »