« テレビ番組で自分の活動風景を見た | トップページ | フェルガナでプリンターを買った »

2010年11月 7日 (日)

変わっていく東京の景色

青年海外協力隊に参加する前は、東京で10年間サラリーマンをしていた。
毎日、満員電車に揺られる生活だった。

ウズベキスタンにいる間に、そんな通勤の車窓の風景がどんどん変わっていく。

踏切なくす最終工事 JR中央線高架化 - asahi.com:マイタウン多摩
http://mytown.asahi.com/tama/news.php?k_id=14000001011050002

「開かずの踏切」解消のため進められていたJR中央線の高架化工事で、残りの区間となっていた西国分寺―立川間の工事が6日夜から翌7日朝にかけて行われる。
今回の工事では、西国分寺―立川間の約3キロの上り線が対象。下り線は09年1月に高架化しており、国立市などにある5カ所の踏切が廃止となる。

これで、またひとつ浦島太郎になってしまった。
もはや東京のテンポについていけなくなっている自信がある。

|

« テレビ番組で自分の活動風景を見た | トップページ | フェルガナでプリンターを買った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変わっていく東京の景色:

« テレビ番組で自分の活動風景を見た | トップページ | フェルガナでプリンターを買った »