« フェルガナの街の紅葉 | トップページ | 犠牲祭(クルバン・ハイート) »

2010年11月15日 (月)

空蝉の術 (変圧器が壊れた)

ウズベキスタンの電圧は220V。
一般的にノートパソコンは240Vまで耐えられるけど、念のためサージ対策も兼ねて、これまで変圧器を使っていた。
過電流をくい止めてくれる機能がある。

海外用電子式変圧器 TAP-TR150W
http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=TAP-TR150W

壊れた変圧器

1. 定格オーバー時出力停止警報機能
定格の150W以上の電力が入力された場合ストップします。

2. 入力電圧低下時警報機能
入力電圧が110V以下の場合にブザーが鳴ります。

3. 熱検出動作停止機能
ケース内部の温度が上昇した場合に出力を停止します。

4. 自動復帰機能
異常があって停止した場合、問題点を取り除き、再度機器の接続を抜き差しすることで、元にもどります。

5. 入力側サージ保護機能
雷サージなどのサージノイズから機器を保護します。

6. 入力保護用ヒューズを内蔵
異常な電圧(250V以上)が入力された場合、ヒューズが切れます。

配属先の大学で使っているとき、その変圧器が
「パーン!」
という音をたてて、煙を出して壊れた。
(内蔵のヒューズが飛んだ)

おそるべしっっ!!! ウズベキスタンさん。

ただ、ノートパソコンのほうは無事だった。
変圧器が、一回だけ身代わりになって死んでくれた。

この国に来て、もうすぐ1年。
デジカメノートパソコン、そして変圧器と、身の回りの電子機器がどんどん壊れていく…。

|

« フェルガナの街の紅葉 | トップページ | 犠牲祭(クルバン・ハイート) »

コメント

こわいですね。

私は、今使ってるパソコンがだいぶ古いし、大きいから、新しいのを買っていこうと思っていますが、壊れたらショックですよね…

投稿: はち | 2010年11月16日 (火) 14時10分

2年の間に、かなりの確率で壊れると思います。
なので、壊れても惜しくないような、なるべく安いパソコンをおすすめします。

投稿: なかがわ | 2010年11月16日 (火) 21時53分

ウズベキスタンの過電流の噂は本当なのですね。

行ったことのない自分はにわかに信じがたいのですが、白熱灯が破裂すると聞きました。

実際、そんなに頻繁に過電流は発生しているのでしょうか。 日に何度も220v以上…恐らく300v以上?が流れたりするのでしょうか?

そんなことだと、電球、いくつあっても足りないですよね。
いったい、どのくらいの電圧になるのでしょうか。

もし、ご存じであれば向学のために教えて頂けるとありがたいです。

J

投稿: J.KIDOX | 2014年1月30日 (木) 14時27分

ウズベキスタンの電圧はあまり安定していませんが、物が壊れるほどの過電流は年に1回ぐらいでした。

電球は、スイッチを入れたとき破裂したことがありました。
それも年に1回ぐらいです。

(※ 都会や田舎など、場所によっても状況はかなり異なると思います)

投稿: なかがわ | 2014年1月30日 (木) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空蝉の術 (変圧器が壊れた):

« フェルガナの街の紅葉 | トップページ | 犠牲祭(クルバン・ハイート) »