« ウチダ人材開発センタへの絵ハガキ | トップページ | 粉ふく腕 »

2010年10月27日 (水)

首都タシュケントの茶色い水道水

隊員総会などの公用で首都タシュケントに行くときは、いつもJICA事務所がウズベキスタンホテルを手配してくれる。
一番安い部屋なので、お風呂はシャワーしかない。

先日は個人的な旅行だったこともあり、ちょっと奮発してバスタブのある部屋に泊まった。
でも、蛇口から出てくる水はおしっこのような色で、臭くて、がっかりした。

茶色い風呂

ウズベキスタンの水道管はソ連時代からのもので、だいぶ老朽化している。
そのため、鉄サビだか泥だかよく分からない物質が混ざることがある。

白いタオルを湯船につけると、有馬温泉の金の湯みたいに茶色く染まった。
風呂に入ったら、よけいに身体が汚くなる。

|

« ウチダ人材開発センタへの絵ハガキ | トップページ | 粉ふく腕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208940/37391537

この記事へのトラックバック一覧です: 首都タシュケントの茶色い水道水:

« ウチダ人材開発センタへの絵ハガキ | トップページ | 粉ふく腕 »