« キルギスの議会選挙 | トップページ | フェルガナの番犬 »

2010年10月13日 (水)

ウズベキスタンでのフロッピーディスク

(日本では、今フロッピーディスクで大問題になっているようですが…)

パソコンで作成される点字のデータは、単なるテキストファイルなので、ファイルサイズが数十KBと小さい。
そのため、点訳ボランティアの間では、まだ点字のデータの受け渡しにフロッピーディスクがよく使われている。
そういうこともあり、日本にいたときはフロッピーディスクを100枚ぐらい持っていた。

もしかしたらウズベキスタンでもまだフロッピーディスクが使われているかもと思って、日本からいっぱい持ってきた。
しかし、配属先の大学のパソコンには、FDドライブが全く付いてなかった。
データの受け渡しには、USBメモリが使われている。(そのためウィルスも蔓延している)

以前は大学でもフロッピーディスクを使っていたようで、「あれを発明した人は誰だ?」と聞かれたことがある。
とっさに「ドクター中松です」と答えてしまったけど、たぶん間違ってると思う。

リシュタンの青少年センターのパソコンにはFDドライブが付いていたので、全部リシュタンの隊員に寄付した。

持参したFD

|

« キルギスの議会選挙 | トップページ | フェルガナの番犬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウズベキスタンでのフロッピーディスク:

« キルギスの議会選挙 | トップページ | フェルガナの番犬 »