« 首都タシュケントの茶色い水道水 | トップページ | ウズベキスタンの人々(教職員のフットサルチーム) »

2010年10月28日 (木)

粉ふく腕

ウズベキスタンは乾燥していて、洗濯物を干すと超スピードで乾く。

そんな空気は、三十代のお肌にはとてもキビシイ。
服だけでなく、皮膚の水分もどんどん奪われて、カサカサになっていく。

さらに、水道水には石灰のような白い物質が混じっているらしい。
風呂上がりは、身体が粉をふいたようになる。

乾燥肌

|

« 首都タシュケントの茶色い水道水 | トップページ | ウズベキスタンの人々(教職員のフットサルチーム) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 粉ふく腕:

« 首都タシュケントの茶色い水道水 | トップページ | ウズベキスタンの人々(教職員のフットサルチーム) »