« 特急列車ナサフ号(タシュケント~サマルカンド~カルシ) | トップページ | ウズベキスタンのガソリン不足 »

2010年7月30日 (金)

世界の車窓から(タシュケント~サマルカンド~カルシ)

特急列車ナサフ号に乗って、ウズベキスタンの首都タシュケントから、サマルカンドを経由して、カルシに行ったときの車窓の風景。

タシュケント駅を出発して、しばらくした頃。
一般の住宅が見える。
タシュケントの住宅

郊外に行くと、一面の草原が広がっている。
一面の草原

そして、だんだん緑が少なくなってくる。
だんだん緑が少なく

完全に砂漠の景色になってきた。
砂漠の景色

それでも家が建っていたりする。
この人たちは、一体どうやって住んでるんだろう…
砂漠に建つ家

もうすぐカルシ駅に着く。
ウズベキスタンの自然環境はキビシイ。
カルシ駅の近く

|

« 特急列車ナサフ号(タシュケント~サマルカンド~カルシ) | トップページ | ウズベキスタンのガソリン不足 »

コメント

私が十数年前にモンゴルで見た光景にそっくりです。中国国内は緑が多かったのに、モンゴルに入ると砂漠。岩がゴロゴロ。

投稿: ドイツ帰り | 2010年7月30日 (金) 23時52分

コメントありがとうございます。
モンゴルも、このような風景なのですか。
こんな過酷な環境に住んでいる人たちがいて、驚きました。

投稿: なかがわ | 2010年7月31日 (土) 03時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208940/35950460

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の車窓から(タシュケント~サマルカンド~カルシ):

« 特急列車ナサフ号(タシュケント~サマルカンド~カルシ) | トップページ | ウズベキスタンのガソリン不足 »