« 世界の車窓から(タシュケント~サマルカンド~カルシ) | トップページ | ウズベキスタンの大学の入学試験 »

2010年7月31日 (土)

ウズベキスタンのガソリン不足

ウズベキスタンのタクシーに、料金メーターなどという文明の利器は付いてない。
運賃は、バザールでの買い物と同じように、その都度運転手と交渉して決める必要があって、いちいち面倒くさい。

ぼったくられると言っても日本円で100円程度の差だし、時間がもったいないので、あまり値切らないことにしている。

運賃の根拠として、運転手の人たちは必ず
бензин(ビンジーン)
⇒ ガソリン
の値段が高騰している、ということを言ってくる。

確かに、最近のウズベキスタンのガソリン供給システムは、何かがおかしい。
産油国なのに。

タクシーの燃料メーターに注目して見ると、残りわずか、ギリギリで走っていたりする。

家の近所のガソリンスタンドでは、どこもガソリンを求めて、車の長蛇の列ができている。
以前から見られた光景だけど、ここ数日は特にひどい。

この写真は、ウルゲンチからヒヴァに行く途中のガソリンスタンド。
ウズベキスタンの東部のフェルガナだけでなく、西部のウルゲンチでも状況は同じだった。

ガソリンスタンドの渋滞

|

« 世界の車窓から(タシュケント~サマルカンド~カルシ) | トップページ | ウズベキスタンの大学の入学試験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウズベキスタンのガソリン不足:

« 世界の車窓から(タシュケント~サマルカンド~カルシ) | トップページ | ウズベキスタンの大学の入学試験 »