« 出張報告書の提出 | トップページ | フェルガナの中華料理店が潰れた »

2010年7月18日 (日)

虫下しの薬を飲んだ

業務出張で首都タシュケントに行ったとき、ついでにJICA事務所の保健室に立ち寄った。
お腹の中に蟯虫(ギョウチュウ)が寄生しているため、虫下しの薬をもらった。

駆虫薬 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A7%86%E8%99%AB%E8%96%AC

パモ酸ピルビニウムは蟯虫 (Enterobius vermicularis) の駆除に有効である。この化合物は水には溶けない。 また、この化合物は腸管からほとんど吸収されず、経口投与することにより、安全に腸管内で駆虫効果を奏する。

虫下しの薬

なお、ホストファミリーの分までは処方されなかった。
自分だけ薬を飲んでも、感染源はホストファミリーだと思われるので、今のホームステイ生活を続けている限り、いずれまたやられる気がする。

9月にタシュケントへ上京するときに、検便の再検査がある。

|

« 出張報告書の提出 | トップページ | フェルガナの中華料理店が潰れた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 虫下しの薬を飲んだ:

« 出張報告書の提出 | トップページ | フェルガナの中華料理店が潰れた »