« ウズベキスタンの風邪 | トップページ | シニアボランティア(量子ナノ物理学)のセミナー »

2010年6月 3日 (木)

ウズベキスタン航空(国内線)のチケットの予約

任地フェルガナ市は、街並みがきれいで、人々も穏やか。
居心地がとても良い。
首都タシュケントなんて行く必要性がないため、配属以来3ヵ月以上ずっとフェルガナに引きこもっている。

でも、定期的に隊員総会や健康診断・予防接種があるため、タシュケントに上京しなければならない。
昼休みにフェルガナ空港に行って、タシュケントまでの飛行機(ウズベキスタン航空)の予約をしてきた。
予約は、2週間前からできる。

料金は、片道26ユーロ。
現時点のレートで、約5万スム(3,000円ぐらい)だった。

以下の写真は、飛行機の予約チケット。
銀行の通帳といい、ウズベキスタンの手書きの(しかも字が汚くて読めない)帳票に不安を感じてしまうのは、職業病のせいだけではない気がする。

飛行機の予約チケット

|

« ウズベキスタンの風邪 | トップページ | シニアボランティア(量子ナノ物理学)のセミナー »

コメント

確かに読みにくい・・・^^;それにしても飛行機チケット、ずいぶんとリーズナブルなんですね。

ところで「not good for payment」とはどういう意味ですかね。

投稿: ARM | 2010年6月 4日 (金) 13時31分

ウズベキスタンの物価の安さは、こういう所でも感じます。
それでも飛行機は贅沢で、普通の人は車を使います。

「not good for payment」と、わざわざ書いてある意味は分かりません。

投稿: なかがわ | 2010年6月 4日 (金) 23時56分

ウズ航空券はユーロ、なんですね?!
ウズはドル、のイメージでしたが
ユーロを使うこともあるんですか。
今、来年のためにレートのいい時にドルに換えてるんですが、
ユーロも多少換えておくべきと思われますか?
夢のない質問ですみません。今ユーロのレートがいいもので…つい~^^

投稿: uzbegginer | 2010年6月 6日 (日) 22時50分

運賃の基準となる単位はユーロですが、実際の窓口での支払いはウズベクスムです。
500スム紙幣100枚という札束で買いました。

ユーロ紙幣を両替できる場所もありますが、より一般的に使える米ドル紙幣のほうを持ってくることをおすすめします。

投稿: なかがわ | 2010年6月 6日 (日) 23時27分

わかりました。
ありがとうございます!

100枚の札束でお買いもの…
ちょっと素敵ですよね^^。

私は韓国での両替が
100万ウォンの札束になる時、
つい嬉しくて札束で頬を打つ写真を撮ります。(毎回)

投稿: uzbegginer | 2010年6月10日 (木) 01時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウズベキスタン航空(国内線)のチケットの予約:

« ウズベキスタンの風邪 | トップページ | シニアボランティア(量子ナノ物理学)のセミナー »