« 34歳の誕生日 | トップページ | ウズベキスタンのクーラー »

2010年6月27日 (日)

お腹の虫と共生

健康診断(赴任6ヵ月目)の結果が出た。
ほぼ問題は無かったけど、一点だけ。
検便から蟯虫(ギョウチュウ)の卵が発見された。

やるなぁ、ウズベキスタン。
人間の身体の中でも、ずいぶんと恥ずかしい部分、お尻の穴をピンポイントに突いてくるじゃないか。

ただ、肛門がかゆくなるなどの症状も無いため、急いで治療する必要はないらしい。
いつか首都タシュケントに行く用があるとき、ついでに駆虫剤をもらうことになった。

任地でペットを飼う余裕なんてないけど、知らない間にウズベクの身近なお友達が増えていた。

写真は、ある日の食卓。
彼らは食べ物に付着して、体内に入ってくる。

ウズベキスタンの食卓

|

« 34歳の誕生日 | トップページ | ウズベキスタンのクーラー »

コメント

大変でしたね。。
早く駆除・回復されるといいですね。
そういえば、小中学生のころによく学校で検査キット配られましたよね。そしてなぜか見本が「丸輪太郎」でした。

投稿: ARM | 2010年6月28日 (月) 14時49分

感染していても実害は無いので、しばらくほったらかしです。
ギョウチュウ検査のセロファン、懐かしいですねぇ。

投稿: なかがわ | 2010年6月29日 (火) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208940/35507031

この記事へのトラックバック一覧です: お腹の虫と共生:

« 34歳の誕生日 | トップページ | ウズベキスタンのクーラー »