« 配属先の大学のニーズ | トップページ | HTMLの授業(事前テストの実施) »

2010年4月15日 (木)

HTMLの授業(ウズベク語で)

今は大学2年生を対象に、HTMLでのWebサイト構築について、80分×24回の授業を受け持っている。

駒ヶ根訓練所での訓練言語はロシア語だったけど、配属先の学生にはロシア語が通じない。
そのため、授業はウズベク語(とボディランゲージ)でやっていて、それでなんとかなっている。
カタコトでも、日本人がウズベク語を話すと、ものすごく喜ばれる。

HTMLの授業の予定表

|

« 配属先の大学のニーズ | トップページ | HTMLの授業(事前テストの実施) »

コメント

ウズベク語でHTMLの講義ってすごいですね!

ところで、大学では学生毎にメールアドレスとかホームページを作ったりする領域が割り当てられたりしてるんですかね?私が学生のころは、作ったページを学内で見せ合いっこしてモチベートされた記憶があります。いまやブログや掲示板等がありますが、当時はインターネット上に「発信」する手段を得たことがすごくうれしかったものです。

投稿: ARM | 2010年4月19日 (月) 13時30分

やはりここはウズベキスタンの地方都市です。
大学にインターネット環境は無く、サーバーなどの設備にかけるお金もありません。

でも、なんとか学生たちのやる気を引き出す工夫はしていきたいですね。
いいアドバイスをいただき、ありがとうございました。

投稿: なかがわ | 2010年4月19日 (月) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HTMLの授業(ウズベク語で):

« 配属先の大学のニーズ | トップページ | HTMLの授業(事前テストの実施) »