« ウズベキスタンで初めてお腹を壊した | トップページ | 東京の写真が見たい »

2010年3月29日 (月)

漢字の魅力

カウンターパートの同僚教師が、頑張って日本語を覚えようとしている。
職場でも
「オチャ、ノミマスカ?」
などと日本語で声を掛けてくる。

ひらがな50音もほぼマスターして、今度は漢字に興味を持ち始めた。
「日本」とか「東京」とか、漢字の意味が分かると面白いらしい。

ちなみに、漢字は
ロシア語で
китайский иероглиф
(キターイスキイ イエローグリフ)、
ウズベク語だと
ieroglif(イエログリフ)。

漢字の書き取り

|

« ウズベキスタンで初めてお腹を壊した | トップページ | 東京の写真が見たい »

コメント

外国人が漢字を覚えるのは大変だと思います。
隣のキルギスの女性が「漢字物語」と言う美しい本を発行し、キルギスの日本語教育の大きな助けとなっているようですよ。
私は偶然にもウズベクからの帰りに飛行機の席が隣になり、彼女と話しました。日本語が堪能で驚きましたが 日本の大学で研修などに出るようでした。
NHKにも出たようですが、ガリーナさんと言う60歳くらいの女性です。

投稿: コタ | 2010年5月13日 (木) 11時08分

ありがとうございます。
漢字の教科書は、ロシア語で説明が書かれたものをインターネットで見つけて使っています。
ウズベキスタンの辺境にいるので、本の入手は困難なのですが、なんとか工夫してやっていきたいです。

投稿: なかがわ | 2010年5月13日 (木) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208940/33993541

この記事へのトラックバック一覧です: 漢字の魅力:

« ウズベキスタンで初めてお腹を壊した | トップページ | 東京の写真が見たい »