« 冬に逆戻り | トップページ | 電気屋さんの実力行使 »

2010年3月23日 (火)

ドライクリーニングの引き取り

スーツをクリーニング屋に出していたので、その引き取りに行った。

店員さんは洗濯物をきちんと管理していなくて、近くにある適当なスーツを持ってきて

「これですか?」
「違います」

「何色のスーツでしたっけ?」
「黒です」

というやりとりを5回ぐらい繰り返した。

自分のスーツはもう戻ってこないんじゃないかと、一時はものすごく不安になったけど、ようやく見つかった。

ドライクリーニングの仕上がり自体は良かったので、今後もこのお店にお願いしようと思う。

クリーニング屋の引き換え証

ちなみに、同僚の先生たちによると「スーツは家で手洗いするもので、クリーニングのお店には年に1回しか出さない」ものらしい。
「スーツをしょっちゅうクリーニングに出すなんて、恥ずかしいことだ」と言われた。

|

« 冬に逆戻り | トップページ | 電気屋さんの実力行使 »

コメント

ラオスでは、絹のスカートは基本的にドライクリーニングに出します。
自分で洗濯する、と言ったら、それこそありえない事らしいです。国が違えば...

投稿: obamiho | 2010年3月23日 (火) 00時46分

ラオスではドライクリーニングが意外と利用されているんですね。
フェルガナでは、クリーニング代は、昼食代の10倍ぐらいの値段がします。
とても贅沢なことなので、めったに出さないそうですよ。

投稿: なかがわ | 2010年3月23日 (火) 03時29分

野暮な質問ですが、家で洗う時、エマー○のようなドライクリーニング剤はあるのでしょうかね?普通に水(お湯)で洗濯したら縮んじゃいそうです。

投稿: ARM | 2010年3月23日 (火) 19時49分

普通に洗濯石鹸で洗うそうです。
でも、皆さん縮んだりせず、きれいに洗濯できているから不思議です。

投稿: なかがわ | 2010年3月24日 (水) 01時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドライクリーニングの引き取り:

« 冬に逆戻り | トップページ | 電気屋さんの実力行使 »