« 首都タシュケントの建もの探訪 | トップページ | ロシア語のコンピューター用語 »

2010年2月 2日 (火)

首都タシュケントの一般家庭のパソコン

ホームステイ先の家に着いて、まず最初に言われたのは
「パソコンにウィルスがいっぱいいる。あなたはコンピュータの技術者でしょう、なんとかできないか?」
ということだった。

一般家庭のパソコン(タシュケント)

パソコンは、主にこの家の子供がゲームで遊ぶために使っている。
かなり古いバージョンのロシア語Windowsで、手持ちのウィルス対策ソフトは動かなかった。

しかも、この家ではインターネットを使用していない。
他の場所からソフトやパターンファイルをダウンロードして持ってくるにしても、ウズベキスタンのインターネットの速度では大変な作業となる。

ちなみに、家の周りにはインターネットカフェも無い。
そのため、今このブログはJICA事務所のボランティアルームで更新している。

|

« 首都タシュケントの建もの探訪 | トップページ | ロシア語のコンピューター用語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208940/33222838

この記事へのトラックバック一覧です: 首都タシュケントの一般家庭のパソコン:

« 首都タシュケントの建もの探訪 | トップページ | ロシア語のコンピューター用語 »