« ウズベキスタンとワイシャツと私 | トップページ | 首都タシュケントの一般家庭のパソコン »

2010年2月 1日 (月)

首都タシュケントの建もの探訪

ホームステイ先の家は、コの字型の構造をしている。
写真のように、中庭を挟んで離れたところに、柔道隊員と二人で一緒に住まわせてもらっている建物がある。

建もの探訪(タシュケント)

静かな環境だけど、トイレに行くにも靴をはかなければいけない。
そのため、まずバザールでサンダルを買ってきた

お風呂については、蛇口からチョロチョロと出るお湯で、なんとか頭や体を洗っている。
蛇口をひねっても、しばらく何も出てこないこともある。

暖房は、ガスで火が一日中つけっぱなしになっている。
ウズベキスタンでは、電気代は高いけど、ガス代は安い。

ちなみに水道代も安い。
洗い場の蛇口が壊れていることもあり、水がいつも流しっぱなしになっている。
また、水洗トイレのバルブもゆるくて、自然と音姫状態になっている。

|

« ウズベキスタンとワイシャツと私 | トップページ | 首都タシュケントの一般家庭のパソコン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 首都タシュケントの建もの探訪:

« ウズベキスタンとワイシャツと私 | トップページ | 首都タシュケントの一般家庭のパソコン »