« ウズベキスタンの首都タシュケントの電気店街 | トップページ | 現地語学訓練開始(ロシア語) »

2010年1月10日 (日)

チョルスーバザール

ナヴォイ通りの電気店街からしばらく歩いて、「チョルスーバザール」という旧市街のバザールにも行ってきた。
バザールの中心部にあるドームが特徴的だった。

チョルスーバザール

冬なのに、なぜかトマト・メロン・スイカなどもいっぱい置いてある。
どこから調達してきているのかは謎。(温室があるらしいけど、まだ実際に見たことはない)

また、バザールではロシア語よりもウズベク語のほうが圧倒的にウケが良い。
ウズベク語を話せる隊員が一緒にいたので、それを実感した。

|

« ウズベキスタンの首都タシュケントの電気店街 | トップページ | 現地語学訓練開始(ロシア語) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チョルスーバザール:

« ウズベキスタンの首都タシュケントの電気店街 | トップページ | 現地語学訓練開始(ロシア語) »