2020年4月19日 (日)

青年海外協力隊の募集中止のお知らせ

新型コロナウイルスのせいで面接が出来ないため、青年海外協力隊の募集も中止となった。
このようなひどい状況が、早く終わることを祈るばかりです。

JICA海外協力隊 2020年春募集及び短期第1回募集 選考中止のお知らせ - JICA
https://www.jica.go.jp/information/info/2020/20200414_01.html

JICA海外協力隊の春募集及び短期第1回募集について、既に応募受付を終了していますが、全世界的な新型コロナウィルス感染拡大の影響により、合格者の選考を中止致します。

20200419

| | コメント (0)

2020年3月29日 (日)

新型コロナウィルスによる青年海外協力隊への影響

10年前の当時も、新型インフルエンザが蔓延し、派遣前訓練に影響していたことを思い出す。

2009年9月22日(火) インフルエンザ対策
http://braille.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-684b.html


最近の新型コロナウィルス感染症(COVID-19)については、急なパンデミックで状況が悪化し、青年海外協力隊を派遣している場合ではなくなった。

新型コロナ JICA、協力隊の派遣延期 - 信濃毎日新聞
https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20200319/KT200318FTI090014000.php

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、国際協力機構(JICA、本部・東京)が、青年海外協力隊・シニア海外協力隊の派遣延期を決めたことが18日分かった。派遣先の政府が出入国を制限する動きが出ていることや、現地での感染の危険性を考慮した。1965(昭和40)年の協力隊創設以来、派遣の延期は初めて。再開の見通しは立っていないという。

JICA、全派遣隊員に帰国指示 71カ国に1785人 - 朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASN3L3R2PN3KUHBI055.html

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、国際協力機構(JICA)は、各国に派遣している青年海外協力隊員やシニア海外協力隊員ら約1800人を一時帰国させる方針を決めた。
JICA広報室によると、協力隊員らが派遣されている国は医療体制が整っていないところもあり、隊員の感染防止や安全のため、帰国指示を出しているという。国境が封鎖されるなどした隊員についても、帰国に向けて調整している。帰国後は2週間、自主待機を要請。赴任地への再派遣は現地の感染状況をみて、検討していく。

20200329

とはいえ、ウズベキスタンさんを含めて、世界中の国々がパニック状態で国境を封鎖しているため、そもそも帰国すること自体が容易ではない。

ペルーの日本人260人足止め…チャーター機を手配へ - テレ朝news
https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000180139.html

一方、ウズベキスタンでは16日以降、国際便の運航が停止されていることを受け、現地の日本大使館は来月2日にウズベキスタン航空のチャーター便が運航されると発表しています。在留邦人ら約120人が搭乗する予定です。

ウズベキスタンが国内すべての空港を閉鎖 - Sputnik
https://jp.sputniknews.com/covid-19/202003297310460/

ウズベキスタン政府は3月30日から4月20日にかけて国内すべての空港を閉鎖し、航空輸送を完全に停止した。ウズベキスタン政府が設置した対策本部が28日に発表した。

先にウズベキスタン政府は3月16日から4月30日にかけて国際線の発着をすべて禁止したばかりだった。
28日の発表で政府は、国内すべての空港を閉鎖し、国内線を含むすべての航空輸送を完全に停止したことを明らかにした。

| | コメント (0)

2020年2月25日 (火)

JICA海外協力隊の2020年 春募集

毎度おなじみの青年海外協力隊/シニア海外協力隊の秋募集が始まっている。
応募期間は、2月20日(木)~3月30日(月)。

JICA海外協力隊
http://www.jica.go.jp/volunteer/

20200225

今回、応募方法に大きな変更点がある。

本募集期では、希望職種を最大 3 つまで申告することが出来ます。また、全ての希望職種の中から、最
大 3 つまで、希望要請を選ぶことが出来ます。

| | コメント (0)

2020年1月30日 (木)

超大陸パンゲアの中のウズベキスタン

3億年前のパンゲア大陸に、現代の国境線を引いた画像がネット上で話題になっている。

「超大陸パンゲア」に現代の国境が描かれた画像がスゴイ - ナゾロジー
https://nazology.net/archives/51104

超大陸パンゲア

パンゲア大陸 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%82%A2%E5%A4%A7%E9%99%B8


その中で、ウズベキスタンさんは、どうなってるかというと…

パンゲアの中のウズベキスタン

今よりコンパクトにまとまっているものの、フェルガナ盆地のあたりも、わりと今の形と同じようになっている。

| | コメント (0)

2019年12月31日 (火)

ウズベキスタンでの仮想通貨の禁止

電気代が安いという理由で、ビットコインの採掘業者から注目されていたウズベキスタンさん。
自国の通貨のコントロールすらままならない状況の中、仮想通貨への対応がブレまくっている。
そして案の定、禁止となった。

ウズベキスタン政府、仮想通貨の購入を禁止 合法化方針から一転 - CoinPost
https://coinpost.jp/?p=125021

ウズベキスタン政府は国民が仮想通貨取得を禁止する命令を可決! - Crypto Go
https://cryptogo.jp/news/ban-on-uzbekistan-cryptocurrency/

ウズベキスタン、暗号通貨購入禁止[資金洗浄対策への動き] - コインの森
https://coinsforest.com/p/25339/

20191231

| | コメント (0)

«若者の青年海外協力隊離れ